メインテートの副作用発現率

交感神経のβ受容体はノルアドレナリンと結合することによって心臓の収縮力を高め、血圧を上げる作用があります。
そのために高血圧症の患者に対しては交感神経のβ受容体の作用を妨げる薬剤が使用されることがあります。
これを一般的にβ遮断薬と言います。
心臓の収縮力を弱めて血圧を下げる目的で使用されるのです。
メインテートはこうしたβ遮断薬のひとつで、ビソプロロールを有効成分とした薬剤です。
メインテートの効果の特徴としてβ1選択性が挙げられます。
β1選択性は心臓選択性と言われることもあり、心臓に対して選択的に作用する性質を表しているものです。
この性質があることによって気管支や代謝などへの影響を抑えることが可能になります。
そのおかげで喘息のような呼吸器系の疾患や、糖尿病のような代謝に関わる疾患のある患者に対しても投与することができます。
一般的にβ遮断薬はその持ち合わせている作用から心不全のような症状に対しては禁忌とされていましたが、患者の症状と薬剤の使い方によっては有効な対策となり得ることがわかってきました。
心臓が弱ってくると、交感神経を活発に活動させることによってその機能を高めようとします。
しかしこのような状態が続くことは心臓にとってかなりの負担となり、結果的に心臓を弱らせてしまうことに繋がります。
それを防ぐためにβ遮断薬を投与して交感神経の働きを抑制し、心臓を休ませてあげるのです。
様々な使い方のあるβ遮断薬ですがメインテートには副作用も存在しています。
主なものに狭心症や慢性心不全、頻脈性心房細動などが知られています。
それぞれの副作用発現率も臨床試験などを通して導き出された数字が公表されています。