メインテートは心臓に負担をかけない

高血圧や狭心症、不整脈の治療に用いられる医薬品がメインテートです。
心臓の交感神経にあるβ受容体を阻害することによって、心拍数を整える働きがあり、血圧を下げることができます。

β受容体とは運動する事によって活発になり心臓の働きを高めて、心拍数を上昇させます。
心拍数が高まれば高まるほど血管に流れ込む血液の量が増えて、血圧も高くなってしまいます。

つまり、β受容体の働きを抑えることにより心拍数の上昇を防ぐ事ができて、血圧を下げることが可能になります。

心拍数を正常化させることにより心筋細胞へ充分血液が流れ込むようになり、心臓の筋肉の収縮も正常化されて定期的に行なわれるようになります。
そして、心臓への負担を減らすことができます。

薬の持続時間が長いという特徴を持っていて、1回の服用で24時間の効果があるので、少ない服用回数で効果的な治療を行うことができます。
ある調査によれば、メインテートを服用した高血圧の患者のうち、70%が改善したという結果が出ています。

副作用としては、服用を始めた頃に倦怠感やめまいを感じる場合がありますが、副作用がつらいようなら、すぐに服用を中止して医師に相談してみるのが大切です。