病気の症状がない時のメインテート服用

メインテートとは、循環器系の薬です。
具体的には、心臓の活動の活発化を促したり、血圧を上昇させたりする交感神経の働きを抑える作用があります。
こうした作用から、急性心筋梗塞による心室性不整脈の予防や、心房細動の治療や予防等に用いられます。

また、メインテートは心臓選択性の薬だという特徴があります。
薬の効果が及ぶ範囲を、心臓だけに選択する事が出来るのです。
そのため、気管支等への影響が少なく、呼吸器疾患や糖尿病等の合併症がある人や、高齢者に適している薬だとされています。

メインテート服用は、経口服用になります。
形状としては、錠剤やカプセル等の種類があります。
食後に水等と一緒に服用するのが基本です。
ちゃんとした効果を得るためにも、医師等の指示に従って正しく服用する事が大切です。
また、病気の症状がないからといって、途中で服用を中止すると頻脈を起こしたりする場合があるので、必ず最後まで飲みきる事も大切です。

メインテートは効果を期待出来る薬ですが、副作用もあるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、過敏症状が挙げられます。
過敏症状とはアレルギー症状の一種で、肌に発疹や痒み等が起きる事を言います。
他にも、涙液の減少や頭痛、眩暈や眠気等が起きる事もあります。