Monthly Archives: 2月 2015
病気の症状がない時のメインテート服用

メインテートとは、循環器系の薬です。
具体的には、心臓の活動の活発化を促したり、血圧を上昇させたりする交感神経の働きを抑える作用があります。
こうした作用から、急性心筋梗塞による心室性不整脈の予防や、心房細動の治療や予防等に用いられます。

また、メインテートは心臓選択性の薬だという特徴があります。
薬の効果が及ぶ範囲を、心臓だけに選択する事が出来るのです。
そのため、気管支等への影響が少なく、呼吸器疾患や糖尿病等の合併症がある人や、高齢者に適している薬だとされています。

メインテート服用は、経口服用になります。
形状としては、錠剤やカプセル等の種類があります。
食後に水等と一緒に服用するのが基本です。
ちゃんとした効果を得るためにも、医師等の指示に従って正しく服用する事が大切です。
また、病気の症状がないからといって、途中で服用を中止すると頻脈を起こしたりする場合があるので、必ず最後まで飲みきる事も大切です。

メインテートは効果を期待出来る薬ですが、副作用もあるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、過敏症状が挙げられます。
過敏症状とはアレルギー症状の一種で、肌に発疹や痒み等が起きる事を言います。
他にも、涙液の減少や頭痛、眩暈や眠気等が起きる事もあります。

メインテートの服用を中止したい時

メインテートは高血圧症や不整脈の方に多く処方されているお薬です。
メインテートの服用を長期間続けていると耐性というものが体に出来てしまいます。
多くの薬では耐性という副作用が多けれ少なかれあるのですが、メインテートを中止したい時には狭心発作などを起こし大変危険な症状が起こる可能性があります。
自分の判断で急に中止するという行為は避けなければなりません。
高血圧症では一反飲み始めると一生飲み続ける必要があるお薬もあります。
血圧を抑え心臓の鼓動を安定させるという作用があるメインテート薬。
しばしば精神的な障害、ストレスにおける自律神経の乱れなどから起因する不整脈や一時的な高血圧などを治療するためにも処方されることがあります。
このように使用される頻度の比較的高い治療薬ですので非常に安定性の高い治療薬でもあります。
長期間の服用だからといって副作用を心配する余りに中止しよという行為は逆に高血圧や不整脈を誘発する原因にもなります。
長期服用を意識しないということが大切で、どうしても中止したいという方は徐々に容量を減らしていくという方法もあります。
医師との相談の上でご自身の体調や病気の程度に応じて柔軟に対応をしていくことが大切です。