30代以上の発症率が高い高血圧症にメインテート

高血圧症は、30代から40代の発症率が多いというのをご存知でしょうか。一般的に高齢者が高血圧になっているイメージですが、30代で発症することも少なくありません。

高血圧症になると血圧を下げる薬を医師から処方されますが、一度血圧の下げる薬を飲み始めると薬なしでは血圧が下がらずにずっと飲み続けてしまっているというケースが多いようです。

そのため、いつまで血圧を下げる薬を飲み続けなければならないのかと思ってしまう方もいます。
いつまで飲むのかと嫌になってしまうかもしれませんが、まずは血圧が上がってしまう原因に心当たりがあることからしらみつぶしに改善していきましょう。

血圧が上がってしまう原因として食生活があります。
過剰なカロリー摂取による肥満や塩分の取りすぎは血圧が上がる原因になってしまいます。

次に、運動不足です。
運動不足によって肥満傾向になったり血流が悪くなることで血圧が上がってしまいます。

さらには、ストレスでも血圧が上がってしまいます。
ストレスを感じ続けてしまうと緊張状態が続いて血圧が下がりにくくなります。

これらによって30代という若さであっても血圧はあがってしまいます。
必ずしも薬をいつまで飲んだら完治するというものではありません。

血圧を下げる薬としてメインテートがあります。
メインテートは、心臓の拍動数を抑える効果があります。
頻脈などで心拍数が以上に早くなってしまっていると血圧が上がる要因になります。
不整脈により頻脈になっている方も多く、不整脈の治療にも使われる薬です。

頻脈を抑えてしまうと、身体中の血管へ血液がまわらなくなるようにも感じますが、そうではなく拍動を抑えることで心臓の心拍が強くなるようです。こうした理由からメインテートは高血圧症に使われているのです。

血圧は、生活習慣や病気によって上がってしまうため、メインテートをはじめ薬による治療や生活習慣の改善をしていく必要があります。